読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ころぐ

狙うとスベる

読むだけ時間の無駄無駄無駄ァー!

考えたこと
こんばんは。今年は現場減らしてゆるおたになるとか言ってました。嘘つきです。2014年も暮れようとしています。本当に忘れられない1年ですね。本当に。

今日は仕事をする気が起きなかったので、2014年現場数を手帳見ながら数えてみたりしてました(仕事しろ)

雑誌も、お写真も、紙幣も、みんな同じ紙なのだから、だったらチケット(現場)に1番比重を置きたいと数年前から思うようになりました。雑誌で、TVで、ラジオで、Twitterで、なんて言ってたとしても、言われてたとしても、今目の前のものが全てで、自分のこの目で見たものだけを信じたいって、やっぱり思う2014年でした。そして見たいものが全部見れた2014年でした。

ただ、私基本的に否定ができないんですね。大学時代によく言われた、「批判的に読む」ことがとても苦手。全部を肯定してしまう。そして小さい変化に気付かない。去年のカウコンがあって、2月5日の日生があって、Myojoの一万字を読んで、ああ自分はなんておめでたい脳味噌なんだろうって痛感します。私の「ものの見方、感じ方」は果たして正しいのだろうかって。

公演後にメモをちょこちょこTwitterとかにあげますが、特に自担について本当に書けないな、と思うのもそこです。私がメモを取る理由は「忘れたくない」というのが大きくて、あとから見返せるようにと書いているんですが、自分の主観が正しいのかよくわからなくなってきて結局かっこいいしか書いてないのが常です。かっこいいが全てなのでまあそれはそれでいいんですが。

でもやっぱり、

大切なことは君を信じることで
何気ないことが幸せだと気付くこと

かなと…もろパクリ(笑)
信じて待ってることしか出来ないけど、信じて待ってることが出来ることもまた幸せなことだなあ、とか。

なにこれグダグダすぎの中身なさすぎ!(笑)ここまで読んだ人時間の大損だね!(笑)

そう、重岡くんの一万字を読んで嬉しかったのが、「情じゃない」って言葉でした。嬉しかったと言ったらちょっと変な風に聞こえてしまうかもしれないけれど。どういう気持ちでジャニーズWESTというグループに属して、センターに立っているのかが、この一言に集約されてるんじゃないかと。本気で「てっぺんのその先の景色」を見に行こうとしてるんだって。それは言葉だけの自己満じゃなくて、ビジネスとして、数字としての成功を含めて。重岡くんは、私が彼知った時からすでに関西ジャニーズJr.のセンターを張っている人だったので、改めて彼がなぜセンターなのかって考えたことがなかった。グループにはいろんなセンターがいるし、こうあるべき!みたいなことは絶対ないと思うけど、ジャニーズWESTのセンターが重岡大毅でよかったと心の底から思いました。

…って結局私の主観でしかないけど(笑)うるせーよちげーよ!って思った人ごめんなさい新規のグダ書きでした!