読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ころぐ

狙うとスベる

ブラッドブラザースが終わった

みんなーっ
「振り返り」と言う名の「自分語り」はーじまーるよーっっ



「ブラッドブラザース」がついに、大阪松竹座で大千穐楽を迎えました。

新橋演舞場初日の2/14から約1ヶ月、びっくりするほどあっという間でした。外部舞台と言えば、3年前の2012年2月23日ル・テアトル銀座「ビューティフル・サンデイ」初日。色んなところで散々喋ってきましたが、私はこの日のことを思い返さずにはいられないのですね。この日の衝撃があって、今の私がいるから。また同じ季節に、そして今度は大好きな大好きな神ちゃんも一緒に、外部の舞台に立つ姿を観れるなんて。発表された時から楽しみで仕方ありませんでした。ただ私は「その時感じたことを大事にしたい」と言う
、体のいいことを言うまあただのズボラなので、雑誌は買いつつもあまりインタビューは読んでおらず、ストーリーも最後に死んじゃう哀しい話らしいぐらいしか知らずに初日を迎えました。あと、幼少期を演じるためにすね毛全剃りが恒例というのもフォロワーさんが教えてくれました。ほんとそれぐらい。

初日の幕が上がって、くそぶったまたまげ。引き込まれるとか、夢中になるとか、そんなレベルじゃない。自分も当事者として同じ世界に生きて、同じ世界を見ていた。特にあの、ラストシーンの客電がつく瞬間。あれはだめだ。「お芝居だから」なんて、思わせてくれないんですね、、、何回見ても慣れることなんてなくて、むしろどんどん辛く、普段はストーリーを理解できたらあとは特に深読みすることもない私が、珍しくグルグル色んなことを考えた。その表情から、声から、仕草から、知りたいことが山ほどあった。結局答えは出ないんだけど、それでも見ることを止められないし、考えることも止められないし、しんどかった。振り返れば初日が一番ノー天気だった。気付いたら照史くんと神ちゃんを観に行ってる感覚は完全に飛んでって、ミッキーとエディに会いに行ってた。だから昨日の大千穐楽の挨拶で、「自分の言葉で」って関西弁で喋り始めたのはいつもの照史くんで、なんだかすごくホッとした。大げさじゃなく。神ちゃんはカテコで出てきた時から神ちゃんだった。仕草が(笑)

私は日本人で、子供を産んだことも、育てたことも、そもそも結婚したこともない。この舞台で起きる大きな出来事のうちのほとんどは、経験したことがない。それなのに、母親の気持ちになり、親友の気持ちになり、恋人の気持ちになり、、、(痛い意味じゃないよ)すごく不思議だった。特に1幕のママ達のシーンが辛かったけど好きだった。「だめ!どっちの子が言わないで。黙って連れて行って。」私も絶対耐えられない。でも、「子供ができた!私達の子供が!」って喜ぶライオンズ夫人の気持ち。服の裾からチラッと見える、お腹に巻いたカーディガンの袖がいつも悲しかった。子供嫌いの私がこのシーンでこんなにグラグラするなんて、自分が一番意外だった。母性目覚めたかと思った。回を重ねるほどこのシーンに釘付けになって号泣するから、ミッキーが飛び出してくるのを素で忘れてた(笑)

思えば、ミッキーも、エディも、リンダも、2人のママも、みんな「愛してる」って言う。みんな誰かを愛していて、大切に想っている。だから、愛してるから、傷付けてしまう。私はミッキーの最期の「どうして俺を渡さなかった?そうしたら俺が、俺がこいつだったかもしれないのに。」この言葉はギリギリで本心じゃないと思いたい。「そうしたら俺がこいつだったかもしれない」、かもしれない、言い切れないことを一番知ってるのはミッキーだと思う。あーでも私がそう思いたいだけかな。そうかも。

話が脱線してきた。今までも散々書いてきたけど、前楽と楽を観てまた思ったことがたくさんあったので、、それはまたいつかそのうち。今回、私があまりにもギャーギャー騒ぐからか、周りの友達が「ちょっと観たくなってきた」と言ってくれたのがすごく嬉しかった。一言ポロっと言ったのをハイエナのように嗅ぎつけて、片っ端からとっ捕まえっていってたけど(笑)布教してやったぜヘヘッってそんな気持ちじゃなくて、本当に純粋にすごく嬉しかった。もちろん、観に行かなかった人友達じゃないとかそんなクソみたいなことじゃないからね!!!!!ギャーギャー騒いでる危険な私を、野放しにしてくれてるだけでとってもありがたいです。本来予定になかったけど、観たいな〜と思って、予定を合わせて、劇場まで足を運んでみたよ、ってのが単純に嬉しかった。私がありがとうって言うのはなんか違うかもしれないけど、でもありがとう。

千穐楽が終わったら私は生きていられるのか、、、ってぐらい頭からつま先までブラブラの世界にどっぷり浸かっていたけど、全てが終わった今、一切後悔がないぐらい全力でこの世界に生きたわ…「明日への活力」って真琴つばささんの言葉、本当にそうだなって思う。


さて、必死に稼いだお金をスッカラカンに使い果たしたぞ〜〜私の2015年ここで終わりじゃないぞ〜〜がんばれ〜〜〜

色々頑張ります。色々。
全てが伝わるとは思っていないけど、とにかく伝わらないことのもどかしさ、言いたいことはそういうことじゃないのにって思うこと、私自身にも色々あったこの1ヶ月のことを忘れないでいたい。

f:id:papenpucho:20150317015447j:plain

ありがとう!
本当にこれしか言えない。
ありがとう!ブラッドブラザースの世界に生きた全ての皆さんへ!