ころぐ

狙うとスベる

好きな人を好きな気持ちがオタク的すぎて悩んでます(20代 会社員)

こんばんは。

衝撃のあまりブログを書きます。

 

 

しばらく前に、好きな人ができました。

名を「某さん(仮名)」と言います。

 

このブログを読んでいらっしゃる方は、

相当物好きな方とお見受けしますので、

私のツイッターもフォローされており、

まあ散々既報だと思うのですが。

 

会社の先輩です。

 

●かっこいい

●そしてかわいい

●オシャレ

●仕事できる

●とても優しい

●とても頭が良い

●酒強い

●車の運転うまい

 

まあ、パーペキです。

 

最初はもろもろあって勝手に苦手だったのですが、

一緒に仕事をするうちに意外な一面がチラチラし、

あることをキッカケに、

雷に打たれたように好きになりました。

 

ご存知ジャニオタ8号車な私。

ですが最近、オタクとしてたるんでいる。

 

実に4〜5年ぶりに少クラを撮り逃し、

流れの速い超特急情報(アルバムが10/26に出るよ)に振り落とされそうになり、

あれれどうした。

 

そこではたと気付いたのです今さっき。

 

 

あ?

あ??

 

オタクやん

 

担当とか推しに対するアレやん

 

 

最前ドンピ(PC挟んで前の席)なのに、

ろくすぽ会話もできず、

PCの隙間からタイピングする手をチラ見してるとか、、

 

オタクやん

 

レスもらえなかったら…がこわすぎて、

なにもできない。

本当になにもできない。

 

「好きです」と言った瞬間、

今の関係性が、ほどよい距離感が、

変わることが何よりも怖い。

(まあオタクとタレントは一生平行線ですけども)

 

顔がタイプだったわけではなく、

好きになってから「某さんって宇宙一かっこいい顔なのでは…」って思い始めたとか、

なにそれいつもの転がり落ちパターンじゃん。

 

既 視 感

 

どんなに二日酔いでも、

仕事終わってなくても、

金なくても、

某さんのいる飲み会は死んでも全ステ

 

O TA KU

 

「今日も某さんかっこよかったな…」

「私服かわいかった…」

「某さんがかっこいいから〜世界は平和〜安らかに眠れる〜しあわせ〜」

 

現場終わりのオタクかよって

 

私から送らないと返事のないLINEとか、

カンペ団扇持ってファンサ待ってる気分

 

てかさっき送ったLINEまだ返事ないけど?

干され〜〜〜

安定の干され〜〜〜

 

この間オタクと飲んだ時に、

オタクとして一方的に好きなことに慣れすぎてるし、

一応精神衛生も保たれるし、

オタクやめられんな〜って笑ってたんだけど

 

 

もう…

某さんにファンレ書こうかな……

お手紙BOXはどこですか

 

恋してるのにリア充感が全く漂わないのは、

私が骨の髄までオタクだったからか。

習慣とは恐ろしいものよ。

 

ただひとつだけ。

自担と推しに対する気持ちと違うのは、

女ネタ厳禁ってこと。

 

これが、本気愛というやつか。