読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ころぐ

狙うとスベる

サッポロクラシック何杯飲んだだろう

考えたこと
 

去年の暮れにこういうブログを勢いのまま書き殴ったところ、ジャニオタはもとよりスタダ界隈の皆様からも多数の温かい反響をいただき、非常にびっくりした。

駄文だらけのクソブログが驚異のPV数を叩き出し、恐れ慄いた私は誤字をちょいちょい修正したり、注釈をつけて弁明するなど己の狡さを遺憾なく発揮した。
読んでくださった皆さん、感想をくださった皆さん、ありがとうございました。
 
 
そして今、2016年5月7日。
私は超特急春ツアー札幌公演を終え、散々泣いた後にスープカレーを食べ、このブログを書いている。
 
札幌という土地は昔住んでいたせいもあるのか、何かと縁がある。
私が初めて関ジャニ∞のライブを見たのは、札幌きたえーる。あの会場で渋谷すばるくんという担当に出会った。
 
札幌市民ホールは、まだ関西ジャニーズJr.だった桐山照史くんを見に行った会場。
屋根が吹っ飛ぶんじゃないかってぐらい盛り上がったことを、昨日のことのように覚えている。
 
「ライブハウスで歌うすばるくんが見たい」という私の夢を叶えてくれたのは、Zepp Sapporoだった。奇しくも初めてのZeppでもある。
 
そういえば初めて劇団四季を見たのも、今はなき札幌のキャッツシアターだった。
思えば私が「生でこの目で見るステージ」にのめり込んだ原点は、キャッツだったかもしれない。
 
今日の超特急は、札幌市教育文化会館でのライブだった。
Synchronismと名付けられた今回の超特急の春ツアーは、私にとって初めてのツアー。
いかに楽しかったかなんて、もう言葉にできないぐらい楽しかったし、なにがどうしたなんて細かいことは正直なにも覚えてないぐらい楽しかったので、詳しいことは書けない(笑)
ただ、回を重ねるごとに増す超特急から放たれる眩しい「今」と「同期」できるライブは、新しい生活を楽しみながらも、もがくことが多い私の背中を力強く押してくれる。
 
いつも思うことだけど、「好き」という気持ちは、私を本当に色んなところに連れてってくれて、色んな人と出会わせてくれて、色んな気持ちを教えてくれる。
あーほんとおたくでよかったなあ、楽しいなあ。
 
これからも自分の好きに正直でいたいと心から思った今日でした。
 
Number One Two Three Four Five
My Six sense to you